マンガよりも保険のビュッフェの方が面白い

気になっていた保険相談

無料の保険相談はずっと気になっていました。ただ、なかなか利用するタイミングがありませんでした。そんな時、保険のビュッフェで相談をすれば契約をしなくても5000円のギフト券をもらえると聞いたのです。

はじめは500円の間違いと思いましたが、よく調べてみると本当に5000円ではありませんか。保険の相談ができてギフト券までもらえるなんて、願ったり叶ったりと思って早速相談を申し込んだのです。自宅に来てもらっての相談だったので、日時までに自宅を片付けて、いざはじめての保険相談にいどみました。

 

保険のビュッフェは面白いしためになる

私はまだ独身なので保険には入っていませんでした。結婚の予定もないのでいいかなと安易に考えていましたが、病気などで働けなくなった際に安心の医療保険に入っておいた方が安心とのことでした。ただ、医療保険にもいろいろな種類があるようで、FPさんは私に合ったものをいくつか紹介してくれて大変ためになりました。

マンガでわかる保険無料相談というのをあらかじめ読んで一定の知識を入れておいたつもりでしたが、やはりFPさんの話は興味深く保険は本当に奥が深いのだなと思い知らされました。難しいと思っていた保険でしたが、今回の件で知れば知るほど面白くなってきました。

保険のビュッフェと保険の手続きの注意点

自分に合っていることが大切

保険の手続きをする際に、よくあるのはCMや雑誌の情報だけで決めてしまうことです。保険というのは特約などついていることがあり、たとえ対象となる事例が起きたとしても、その中身をよく理解していなければ、補償の対象外になることもあり、よく理解してから加入することが大切です。

とにかく自分に合っている保険を見つけることが大切です。加入したあとに支払うときに補償ができないことがわかれば、一大事になることからよく注意して保険の中身を理解しなければなりません。ただそれができる人は少ないのが特徴です。

 

ヒアリングをしないとわからないことが多い

その個人に合っている保険を求めるために、大切なことは専門家が対象者とよく話をすることです。そのために存在をしているのが保険のビュッフェとなっています。無料の保険窓口であり、経験豊かなファイナンシャルプランナーがその人にあった保険を紹介してもらえます。

保険の中身をよく知っているからこそできる紹介です。ただその人のことを知らなければ、良い紹介をすることができません。だからこそ綿密なヒアリングが必要になります。2時間ほど時間が掛かりますが、何度使っても無料で利用できる保険のビュッフェに依頼をしましょう。

保険のビュッフェと強引な勧誘の注意点

強引な勧誘をしません

保険のビュッフェでは、お客様にぴったりと合った保険を選んでいただくことができるようにフィナンシャルプランナーが相談に乗ってくれます。そのため、一切強引な勧誘をしません。それではお客様が納得いただける保険に加入できていないからです。特定の企業が保険商品を販売する場合には、それが売れれば売れるほどその販売員の利益につながっている場合があります。

その結果、保険商品の強引な勧誘が生まれてしまうのです。それではお客様にとってベストな保険商品を選ぶことができません。保険のビュッフェではしっかり丁寧に中立的な立場から相談を行うことで、お客様が納得のいく保険商品を販売しています。

 

絶対に勧誘をしない理由

保険のビュッフェでは、勧誘を一切行うことはありません。中立的な立場から保険商品をお金のプロであるフィナンシャルプランナーが紹介してくれます。保険のビュッフェに所属する経験豊富なフィナンシャルプランナーは、全員特定の企業からは独立した存在です。そのため、特定の企業の利益になるように保険の販売をしません。

特定の企業の保険商品を売りつけるような販売員には注意が必要です。それがお客様に合ったものなら問題はありませんが、世の中には様々な保険商品があります。つまり、特定の保険商品がお客様に合うかどうかはわからないのです。だからこそ、即率したフィナンシャルプランナーが相談に乗って様々な選択肢があることを提示することが必要なのです。

保険のビュッフェに行く前に注意!保険の解約月について

当月の保険料は返金される

保険のビュッフェで保険を乗り換えるときは、解約のタイミングに注意してください。一般的な生命保険の保険料は、原則として前払いとなります。つまり今月支払った保険料は、来月分の保険に充当されます。保険の解約月に支払った保険料は、もう充当される保険がありませんから、後で返金されるのが普通です。

自動振替にしている場合、毎月10日~15日頃までに解約手続きを済ませれば、その月の保険料は引き落とされません。それより後になると銀行への連絡が間に合わず、一度引き落とされてから振り込まれることになります。

 

解約のタイミングは慎重に

解約月に新しい保険と古い保険で保険期間が重なると、保険料が無駄になります。反対に保険でカバーできない空白期間ができてしまうと、万一その時期に事故や病気が発生したとき、大きな損害を蒙ることになります。

先に古い保険を解約したものの、新しい保険の審査に通らなかったり、手続きに予想外の時間がかかったりして、無保険状態に陥ったという失敗例も見られます。保険を乗り換えるときは保険のビュッフェなどに相談し、確実に利用できる保険を見極めると同時に、加入のタイミングを上手く合わせることが大切です。